少年だった私は、何処にでもあるような子供であった。

誰とも変わらない。

特徴もない。

まるで、単調な街並みのような人間だった。

そんな彼(ここでは彼と呼ぶことにする)が他の人々とズレ始めたことはいつだっただろう。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 다음